リフォーム中の仮住まいの様子

リフォームの平均価格の相場はいくら?箇所別に解説します

リフォームにはいくつか種類があり、部分的なものや全体的なもの、リノベーションなどがあげられます。

例えばリビングやキッチン、浴室やトイレ、居室といった一部分のみを行うリフォームの場合、平均価格はだいたい500万円になるでしょう。外観や設備・内装などのリフォームを行い、床や外壁・天井などは壊さず間取り変更がほとんどないリフォームもあります。費用相場は500万~1,000万円でしょう。リノベーションの場合、床や外壁・天井などを解体したり、間取り変更や断熱工事、耐震補強といったことを行うリフォームになります。この場合費用相場は1,000万~2,000万円かかることになります。

お金と電卓中でも需要が多いのが部分リフォームで、どこか一部分だけリフォームする人が多いです。中古の一軒家を購入しリフォームする場合、部分リフォームを行うケースが多いでしょう。

水まわり(浴室やキッチン・トイレなど)の場合、平均して10年経つと部分的に劣化しはじめることが多く、部品交換などを行う回数が増えてきます。その後設置してから20年経つと、全体的に壊れてくるので本体そのものを交換することになります。

費用相場として部品交換の場合は1~10万円で、浴室交換の場合約80~150万円ぐらいです。キッチン交換の場合は約80~100万円で、トイレ交換の場合は30~50万円です。設備は故障してしまうとお湯が出なかったり、トイレが使えないなど不便な状態になります。

中古物件を購入するならリフォーム業者に確認してもらったり、故障する可能性がありそうなら早い段階において交換すると安心です。

屋根や外壁の場合、種類がたくさんあり耐候年数もさまざまです。平均的な改修時期は10年で、家を建ててから10年たつと一度塗装し、その10年後にもう一度塗装することをおすすめします。

建ててから30年たつと屋根を葺き替えしたり外壁の張り替えなどを行うと安心です。平均価格として屋根外壁塗装の場合は120万~150万円で、屋根葺き替えの場合は150万~180万円ぐらいです。

外壁張り替えの場合は200万~250万円で、メンテナンス方法によって30~40年で建て替えしなければいけない家もあれば、100年以上持つ家もあるでしょう。定期なメンテナンスを行うことによって資産価値を維持することができ、機能性に優れた快適な環境で生活することができます。時間がたつにつれて汚れがついてくるので内装をきれいにする人が多く、気分を変えたい時など内装をアレンジするとリフレッシュにもなります。

おすすめ記事