リフォーム中の仮住まいの様子

リフォームすると税金対策に?どんなメリットがあるのかを解説

リフォームすると税金対策を行うことができます。国は不動産購入やリフォームに対し、税金的に優遇することによって不動産を購入してもらったり、経済を更に活発にしたいと思っています。リフォームに関して一定要件を満たすと税金が安くなるルールを利用することができ、いくつか組み合わせることから税金対策に利用することができるでしょう。

TAX税金対策になるのは登録免許税や不動産取得税、固定資産税や所得税、贈与税などが対象です。登録免許税の対策として、証明するため役所に届出を出し所有者を明確にすることができます。この手続きをするのに税金がかかりますが、一定要件に該当するリフォームを購入すると、登記すると登録免許税の税率が0.1%になるでしょう。

不動産取得するだけ税金が課せられますが、一定要件に該当するリフォームを譲渡する時、不動産取得税が軽減されるケースがあります。

固定資産税は建物や土地への税金のことで要件を満たしリフォームする場合、固定資産税の減額する固定資産税の減額措置を利用することが可能です。所得税の控除を利用することができ、例えばリフォームでお金を借りると、税金が安くなるルールが適用されるケースがあります。これは所得税のことで会社員なら毎月給与から差し引かれる所得税に対し、所得控除の確定申告を行うことが可能です。個人事業主だと確定申告で所得控除適用し、所得税の控除を行うことができるでしょう。

耐震リフォームも所得税控除を受けることができ、固定資産税の減額措置の対象です。高齢者などが満足し暮らせるようにバリアフリーにすると、所得税控除を受けることができたり更に固定資産税の減額措置に利用することができます。

窓の断熱や太陽光発電の設備のなどの工事、ガスや燃料電池などかかる工事について、一定条件を満たすと所得控除の特別ルールを利用することが可能です。改築することによって相続税も税金対策として利用することができるでしょう。

住宅の購入やリフォームする際、金融機関からローンを使用することが多いですが、税金の一部を安くすることができる住宅ローン減税を利用することができます。住宅ローン減税を利用すると毎月の支払いを抑えることができ、計画的に返済することが可能です。

親などから住宅を購入する資金を贈与で受け取った場合、一定金額まで贈与税がかからない贈与税の非課税措置というルールがあります。財産を早い段階においてわたすと相続税がかかりません。一定条件がありますがリフォームするため子や孫などに生前贈与する場合、贈与税の非課税措置を利用することができるのでお得です。

おすすめ記事