リフォーム中の仮住まいの様子

リフォームして補助金がでる?お得なリフォーム術を学ぼう

補助金リフォームを行うと国や地方自治体から補助金が出ることがあるのでお得です。例えば地域型住宅グリーン化事業の場合、地域における木造住宅の生産体制を強化したり環境負荷の低減を目的に、中小住宅業者が建材流通などの関連事業者と一緒にグループを構築し省エネルギー性能や耐久性など優れた木造住宅や建築物の整備を行います。

住宅の省エネ改修を促進したり三世代同居などへの対応に対し、いろいろな支援を行っています。地域型住宅グリーン化事業を利用すると補助金制度を利用することができるので、コストを抑えてリフォームすることが可能です。

エネファーム設置補助は国と地方自治体で行われていて、併用可能なところもあるので便利です。エネファームの設置費用を抑えることができ、省エネ計算をする必要もありません。導入する種類によって補助金の額が変わる仕組みで、国と地方自治体の両方で行われているので効率良く活用することができます。リフォームを機会にしてエネファーム設置補助を利用している人は多く、省エネにも貢献することが可能です。

省エネ改修補助金の場合、住宅に高性能な窓や断熱材などを使用した断熱改修を行うことによって、要件を満たすと国から補助金を受けることができます。断熱リノベや次世代建材などの制度があり、断熱リノベの場合は断熱リフォームにより省エネ効果が見込まれる必要があります。

次世代建材の場合、室内側から施工することができる高断熱パネルや潜熱蓄熱建材・調湿建材などを使用するので、住みながら施工することができるので便利です。省エネ改修補助金を利用するとリーズナブルな価格でリフォームすることができ、生活空間を快適にすることができるでしょう。

地方自治体にもいろいろなリフォーム関連奨励金事業があり、地域の活性化や景観維持などを目的に、地域の事業者を利用した場合補助金などを利用することが可能です。

自治体によって補助金や助成金、支援金といった呼び方はさまざまですが、利用することによってお得になります。地元工事業者を利用したケースが多く、遮熱塗料を利用した外壁塗装や耐震改修工事に伴う塗装などが対象です。

国の補助金制度と地方自治体の仕組みを組み合わせることができるケースもあるので、リーズナブルな価格でリフォームすることができたりコストを抑えることができます。役所などに問い合わせみると、お得な情報を入手することができるでしょう。

おすすめ記事