リフォーム中の仮住まいの様子

住宅をリフォームする場合、施工会社に依頼し新しい家ができるのを待つだけですが、一緒に考慮しなければいけないのがリフォーム中の仮住まいになります。

部屋の一部分だけを改修するならそのまま住むことができますが、家の柱を残しすべてリフォームする場合工事がスタートする前に仮住まいに引っ越しすることになるでしょう。
後になって慌てないためにも、施工会社と仮住まいについてどうするか話し合っておくことをおすすめします。

出来ることなら家に住みながら工事が終了するのが良いですが、リフォーム中に仮住まいに住む場合は仮住まい費用などコストも把握しなければいけません。

仮住まいにはいろいろなメリットがあり、工事中の騒音に悩まされるケースがなく快適な空間で過ごすことが可能です。古い家具や家電などの取捨選択を行うことができ、リフォームした後家にどんな家具や家電などが合うか仮住まいにいながら新しく買い換えることもできます。

不要なアイテムは引っ越す際に捨てることができたり、リフォームした後家に引っ越しする際、再度考えて必要な家電や家具を揃えて残せます。業者によっては、大型家具についてリフォーム中の家にも置けるケースがあり、家族と相談して家具の取捨選択を行うことができるので便利です。

仮住まいのおすすめとしてウィークリーマンスリーがおすすめで、ガスや電気を通すなどの作業が不要で、身体1つですぐに住むことが可能です。ウィークリーマンションの中には電化製品や家具、布団などが備えてあるところもあり、決定してから入居するまでの手続きが早いことがあげられます。

ウイークリーマンションの部屋部屋の選び方のポイントとして、部屋の広さや期間などがあります。家族が住むのにやや余裕があるぐらいの広さが良く、持ってきた家具や家電などが入ることができるか事前にチェックしておきましょう。

どれぐらいの期間について契約するか事前に決めておき、リフォーム業者にどれぐらい作業期間がかかるか確認しておくと安心です。

契約する期間によってコストが変わってくるので、ウィークリーマンションの選び方として、最適な部屋の広さがあるかや損をしない契約期間などをポイントにして比較検討すると良いでしょう。

引越しする際気を付けるべきポイントがいくつかあり、転出転入届けや子供の転校手続き、家具や備品の事前チェックなどが必要です。引越し期間が短かったり同じエリア内での引越しなら転出転入届けなどは不要ですが、リフォーム期間が長期になると必要になるかもしれません。

ウィークリーマンションに仮住まいする場合、家具や備品などを確認しておきましょう。リフォームした後家では不要なものもあるので、検討してから必要な備品を買い揃えることをおすすめします。

おすすめ記事